"ウィンザースツールの作り方"の検索結果を表示しています

令和元年度大川家具職人塾

Yahooブログのサービス停止にともないSeesaaブログに移行しました。まだ更新方法にとまどっておりますが以後よろし くお願いいたします。 始めに&ブログ内検索項目 鉋の話      鉋刃の調整と裏出し         昔、大川でお世…

続きを読むread more

曲木用蒸し器をリニューアルしました。

曲木のための蒸し器が老朽化のため使用不可能になっていたので、先週、近所のホームセンターで表面耐水塗装のコンパネを一枚購入、6年間使ってきた蒸し器をリニューアルしました。 参照:ウィンザースツールの作り方 旧蒸し器:蓋の蝶番のビスがさびてしまい、使用不可能になっていました。 水蒸気により腐れが生じ、あちこちに隙間が開く(…

続きを読むread more

スモーカーズボウ制作プロセス

9月10日(木) 急きょスモーカーズ・ボウも制作することになりました。 盤木からシートに適した部分を選びチョウクで形をとる 3メートルの盤木から一枚しか取れない場合もある 節や割れを避けて適した部分を選ぶ 盤木から切り出す この間、手鉋がけの大変な作業があるが、夢中になって…

続きを読むread more

ザ・ウィンザーチェアとウィンザースツールの制作プロセス Ⅳ

9月8日(火) ボール盤によるシートへのカブリオール前脚と後ろ脚のホゾ穴開け ウィンザースツールカブリオール脚のホゾ穴 ウィンザースツール後ろ脚ホゾ穴 ザ・ウィンザーチェアのシートのカブリオール脚ホゾ穴 ザ・ウィンザーチェアのシートの後ろ脚ホゾ穴 スティックホソ穴 後ろ支えスティックのホ…

続きを読むread more

ザ・ウィンザーチェアとウィンザースツールの制作プロセス Ⅰ

製作プロセスをリポートするのは簡単ではありません。私と奥津光広の分業で行う作業ですが、作業に集中すると撮影をつい忘れてしまうからです。後で、あの部分は撮っておかなければならなかったのにと思っても時すでに遅し、どうしても断片的になってしまうのです。その上でのこととお断りして、とにかく必要に応じて記録したものをリポートすることにします。 …

続きを読むread more

古き良きものから学ぶ 「ザ・ウィンザーチェア」

古き良きものから学びそれを現代に生かしていくことが大事ではないか?そこでFDY研究所ではウィンザーチェアの変遷の歴史から学び、それをデザイン開発の方法に取り入れていくことにした。現代の機械中心の生産に対して職人のハンドメードを活かした試作制作を再度見直すことにもなるかもしれないと考えた。そこでウィンザーチェアを現代に蘇らせ、現代に通用す…

続きを読むread more

ウィンザーチェア物語  完

   ウィンザーチェア勢ぞろい          カブリオール脚とウィンザーチェアの関係について ウィンザーチェアとはなにか?その実態を明らかにしようとして18世紀、19世紀のウィンザーチェアと呼ばれた椅子…

続きを読むread more

ウィンザーチェア物語  カブリオール脚 コムバック・アームチェア

  コムバック・アームチェア (カブリオール脚)       制作年:2013年 ※正面、平面、側面は1/5模型(アームサポートの形が異なる)   コムバック・アームチェア(カブリオール脚)について   昔の椅子にカブリオール脚が取り入…

続きを読むread more

英国ウィンザーチェアの鉛筆画資料による解説 10. ウィンザー・セティーとゴシック・ウィンザー

私が大学の国外研修の機会を得てイギリスを訪問したのは1991年のことでした。歴史ある英国家具史に足を踏み入れることへの不安と緊張感をいだいて訪れたヴィクトリア&アルバート・ミュージャム(V&A)で手にしたクリストファ・ギルバートの「イングリッシュ・バナキュラー・ファニチャー」はウィンザーチェアのような大衆の家具に焦点をあてた初めての出版…

続きを読むread more

ウィンザースツールの作り方 11  組立完成

ウィンザースツールの作り方 組み立て完成   部品の加工10 クリノリンストレッチャーの加工の続き ベルトサンダーにて丸面にしあげる(熟練と慣れが要求される)   サンドペーパーにて仕上げる   組立  部品が揃う   クサビのための溝がついている &nb…

続きを読むread more

ウィンザースツールの作り方 10  部品の加工9 クリノリンストレッチャー

ウィンザースツールの作り方   部品の加工9 クリノリンストレッチャーの加工   乾燥した部材を帯鉄から取り外す   クランプに取り付ける   ホゾになる部分の径をしるす   まず、スポークシェーブにて片方の角面から落として行く     &n…

続きを読むread more

ウィンザースツールの作り方 9.  部品の加工8  (曲げ木)

ウィンザースツールの作り方  クリノリンストレッチャーの曲げ木 曲げ木についてはFDY家具デザイン研究所ホームページのウィンザーチェアとはのページ「曲げ木のプロセス」を参照     ガスコンロにバケツを乗せ水を8部目 ほど入れて蒸し器を準備する   帯鉄と曲げ用材(ブナ)2本(1本は…

続きを読むread more

ウィンザースツールの作り方 8.  部品の加工 7

ウィンザースツールの作り方 部品の加工 (カブリオール脚の加工3)   シートの形状に合わせて余分を削りおとし成形する       隙間なく接着できるように微妙な調整が必要   ボール盤上にクレードル(支え)を置き、貫の位置 を決める &nbs…

続きを読むread more

ウィンザースツールの作り方 6.  部品の加工5

ウィンザースツールの作り方  部品の加工 シートの加工3 (座面の掘りの仕上げ) 手チョウナで削り終えた荒い面を豆カンナで仕上げる。           豆カンナでこの程度に仕上げる   ディスクサンダー100#にて仕上げ…

続きを読むread more

ウィンザースツールの作り方 5.  部品の加工4

ウィンザースツールの作り方 シートの加工 2. (座面掘り) シートの掘りにはアッズ(adze)という道具が使われていました。ここでは臼堀チョウナを使います。彫刻ノミでもかまいませんが時間的に大変します。正確をきすためにはあらかじめ定規を準備する。ホームページ、ウィンザーチェアの作り方 http://www.fdyamanaga.jp…

続きを読むread more

ウィンザースツールの作り方 4.  部品の加工3

ウィンザースツールの作り方 シートの加工 1.(シートの型取りと脚のホゾ穴あけ) シートの形に帯鋸で切り取るが、実寸より3~5ミリ大きめに切り、余分をベルトサンダーにてかたどる。 帯鋸使用についてはFDY家具デザイン研究所ホームページ、ウィンザーチェアのページ参照 http://www.fdyamanaga.jp/newpage1…

続きを読むread more

ウィンザースツールの作り方 3.  部品の加工2

ウィンザースツールの作り方  部品の加工2 「カブリオール脚(猫脚)の加工1」 ウィンザーチェアを作るうえで、カブリオール脚が重要な要素となっていることがわかるまでには相当の時間が必要でした。大学在職中には、ウィンザーチェアの脚はいわゆる分業に適した旋盤加工による4本とも同じ脚というのが特徴で、それを当然のことと考えていました。 ま…

続きを読むread more

ウィンザースツールの作り方 2.  部品の加工1

はじめにのつづき 昔の職人は教えることはしませんでした。その代わりに見て覚えさせました。自分のやることをちゃんと見ておけという厳しい”おしかり”がついていました。私は大学(芸術学部デザイン学科)で木工技術を教えてきました。そこで自分がやってみせるやり方を取り入れておりました。20名から30名の学生の鉋を全て調整してやったり、鉋の刃研ぎ…

続きを読むread more

ウィンザースツールの作り方 1.  はじめに

ウィンザースツールの作り方   はじめに    スティワート・リンフォード社 ウィンザースツール はじめに ウィンザーチェアの作り方はきわめてシンプルです。 脚や貫、アームやアームサポート、スピンドルなどの部品を加工したあと、分厚いシートの上部にはアームサポートやスピンドル、下部には脚のホゾ穴…

続きを読むread more