令和元年度大川家具職人塾始まる

Yahooブログのサービス停止にともないSeesaaブログに移行しました。まだ更新方法にとまどっておりますが以後よろしくお願いいたします。
ブログ内検索項目

  鉋の話 

 民芸について
    職人について


大川家具職人塾
令和元年度大川家具職人塾 2019年5月~2020年3月
職人塾の教材としての家具は私が今日まで取り組んで来た和風家具を中心に一部はヨーロッパデザインの源流から学ぶという観点から英国ウィンザーチェアを取り入れています。それは講師の依頼を受け、塾生に技術を指導するにあたり、教材として日本の家具を見渡してみますと周りに日本の独特な引く式の鉋や鋸、ノミを使って作られた家具がほとんど見当たらないのです。古いことを言うようですが戦後ヨーロッパに追いつけ追い越せの気風の中で北欧家具の機械や道具、金具の自由化にともない現在では家具メーカーで家具生産に鉋やノミを一切使わない、鋸や鉋を家具に使うのは恥ずかしいほどになっていると言うのです。戦後一時期「西欧かぶれ」という言葉がはやったことがありました。しかしいつのまにかその言葉が使われなくなってしまいました。なるほどすべてがヨーロッパナイズしてしまえばそんな言葉は必要なくなったのです。戦後70年を過ぎて振り返ってみますと本当に日本のことを知っている日本人が少なくなってしまい、今では外国人の方が日本に詳しいことに驚かされることが多くなりました。ヨーロッパでは明治のころまでの日本人の正直勇敢な姿は今でも語り継がれています。幸い、職人塾では日本の鉋やノミ、鋸を使うことを学ぶことになりました。それは日本人の心を取り戻すということでもあります。家具産地大川の伝統ある古保地区にあって、令和元年10月には第69回大川木工まつりにおいて職人塾の作品を一般公開することになりました。令和の和を和風の和と読み替えることができるとすれば、和風を取り戻す元年ととらえられなくもないと夢想しております。 令和元年9月 FDY家具デザイン研究所主宰:山永耕平
第11回
 8月10日(土)
第12回
 8月11日(日)


イメージ 109

イメージ 110

イメージ 111

イメージ 113

イメージ 107

イメージ 112

イメージ 115

イメージ 119

イメージ 116

イメージ 108

イメージ 114

イメージ 117

イメージ 120

イメージ 118


第9回
 7月27日(土)font>
第10回
 7月28日(日)font>
  


第7回
7月13日(土)font>
 A班:マイ木槌の制作完成
  午後:教材コシカケ制作始め
     手押鉋、自動鉋
 B班:アームチェア、テーブルの制作
    テーブル1300完成、テーブル1500木取り開始font>
    アームチェア部品加工
第8回
7月14日(日)
 A班:コシカケ横切り盤にて長さきめ、その後墨付け
 B班:アームチェア部品加工
    ロッキングチェア木取り開始
イメージ 88

イメージ 89

イメージ 92

イメージ 98

イメージ 90

イメージ 91

イメージ 100

イメージ 93

イメージ 99

イメージ 94

イメージ 95

イメージ 96

イメージ 97

イメージ 105

イメージ 101

イメージ 102

イメージ 103

イメージ 104

イメージ 106




第5回
6月22日(土
    始めにラオスから研修生を迎え、工場見学と旋盤加工の実例な
  らびに曲げ加工の説明などを行いました。div>
   A班:ホゾとホゾ穴あけの練習
 B班:テーブルの組み立て準備、アームチェア仕上げ鉋がけ
第6回
6月23日(日)font>
   A班:ホゾとホゾ穴あけの練習後、マイ木槌の制作
 B班:テーブルの組み立て、アームチェア仕上げ鉋がけ、ベルト
    サンダーによるアームの成形加工

イメージ 42
ラオスから研修生達
イメージ 43
旋盤の見学
イメージ 73
曲げ用帯鉄と曲げ型
イメージ 74
模型による検討
イメージ 45
アームチェア部品
イメージ 46

イメージ 49

イメージ 51

イメージ 54

イメージ 59

イメージ 53

イメージ 60

イメージ 44
テーブル組み立て準備
イメージ 47

イメージ 50

イメージ 55

イメージ 57

イメージ 58
テーブルトップ面取り加工
イメージ 62

イメージ 67

イメージ 52

イメージ 48
木槌の制作
イメージ 65

イメージ 69

イメージ 72

イメージ 56

イメージ 61

イメージ 63

イメージ 68

イメージ 64
アームチェア背板の成形加工
イメージ 66

イメージ 71

イメージ 70

FDY家具デザイン研究所にてアームチェア欅の制作、そのプロセスを参考のためにアップしました。
イメージ 30
背板(カラー)とアームと後脚の接合部のジョイント部分ディテール
イメージ 31
後台輪と後脚と側台輪のジョイント部分ディテール
イメージ 32
前台輪と前脚と側台輪のジョイント部分ディテール
イメージ 33
アームの腕あて部分
イメージ 34

イメージ 35
アームの下部の曲面、丸ノミにて削ったあとを外丸鉋で仕上げる
イメージ 36
アーム下部曲面削り
イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40
 
イメージ 41
組み立て前アームチェア全部品
イメージ 75
組み立て開始
イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

イメージ 80

イメージ 81

イメージ 82

イメージ 83

イメージ 84

イメージ 85
シート裏落とし留め
イメージ 86

イメージ 87
7月5日完成




第3回

6月8日(土
第4回
6月9日(日)
 A班:引き続き鉋がけの練習からホゾとホゾ穴あけの練習
 B班:テーブル、アームチェアの木取りと部品加工、鉋がけ

イメージ 15
アームチェア部品
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 14
鉋がけ練習とホゾ穴あけ練習
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

イメージ 26

イメージ 21

イメージ 28

イメージ 23
テーブル、アームチェア鉋がけと部品加工
イメージ 25

イメージ 24

イメージ 27

イメージ 29



第1回
5月25日(土)
 9:30~令和元年度入塾式
 場所:大川商工会議所
古保地区職人塾工房へ移動
 10:00~
  新人3名とベテラン組3名のA,BNO2班にわけ、
  A班は鉋のかけ方B班は作業台1台の製作

第2回
5月26日(日)
 10:00~
  A班:
  鉋がけ練習
  B班:
  引き続き作業台制作
イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8



 

  2018年4月 
               江戸時代の風情が残る藩境、古保・榎津街並み通りに移転しました

イメージ 10
国指定重要文化財旧吉原家住宅
イメージ 11
通用門
イメージ 12
光楽寺
イメージ 13
築110年森田漆店
武家屋敷

九州建具跡地

イメージ 9




〒831-0016福岡県大川市大字酒見早馬221-6
TEL:0944-86-2171
FAX:0944-88-1144


2018年度作
2017年度作
2017年度作
2017年度作
2017年度作
2016年度作
2015年度作

職人塾過去作品制作プロセス記録

ブログ内検索項目

  鉋の話 





Yahoo!ブログサービス終了にともないSeesaaブログに移行しました。まだ更新方法などにとまどっておりますが以後宜しくお願いいたします。   

この記事へのコメント