ウィンザーチェア の模型制作


スティックボウバックアームチェアの模型制作


イメージ 92イメージ 93
実物            1/5模型

1996年スティワートリンフォード社に於いて名アルチザンのピータースミス氏の補助の元で制作したのこの繊細な椅子はユーyew(一位)の木でできており、ブナで模型を作るのは不可能と思っていましたが今回16種全ての模型を作ることにしたために思い切って制作することしました。先に述べたように1/5模型を作るのは実物を作るのとおおよそ同じようなもので、当時イギリスで制作したころの感覚がよみがえってくるようでした。

イメージ 91
曲木
イメージ 80
全部品
イメージ 81

イメージ 82

イメージ 83

イメージ 84

イメージ 85

イメージ 86

イメージ 87

イメージ 88

イメージ 89

イメージ 90
完成

ウィンザーチェア ホイールバックチェアの模型制作

FDY家具デザイン研究所では英国ウィンザーチェアの16種16脚のすべてに1/5模型を作って来たつもりでいました。ところが実はいくつかの椅子に模型がないことが判明しました。それは同じ類型のものにはその必要がなかったからです。しかし16脚のウィンザーチェアのうち4脚に故あって欠損が生じてしまいました。そこで、今回その全体像を模型で一望できるように1/5模型を制作することにしました。そのホイールバック・ウィンザーのアームチェアとサイドチェアの模型制作プロセスをわかり安く報告することにいたしました。1/5模型を作るのは実際に制作するのとほぼ同じ工程を通ることで、実際に作る上での演習にもなるのです。


イメージ 94イメージ 96
実物           1/5模型
ホイールバックサイドチェア

イメージ 95イメージ 97
実物           1/5模型
ホイールバックアームチェア

第1回目 部品をそろえる。
まず、1/5図面より厚み幅にあわせて部材(ブナ)を揃える。
 シート:5ミリ厚 90ミリ幅 200ミリ長
 アーム&アームサポート: 5ミリ厚 25幅  300ミリ長さ
 スプラット: 2ミリ厚 25ミリ幅 220長さ
 ボウ: 6ミリ×6ミリ 320ミリ長さ  2本
 クリノリンストレッチャー: 6ミリ×6ミリ 320  1本  
 スティック:3、5ミリ×3、5ミリ 220ミリ長さ  7本
 
イメージ 79

 脚:9ミリ×9ミリ 長さ85ミリ   8本
 貫:8ミリ×8ミリ 長さ55ミリ   5本
  ※ 旋盤は失敗のために余分に取っておくと良い

イメージ 8

イメージ 2
1/5模型部品図
イメージ 1
それぞれの部材に部品図を貼り付ける
※上記写真の部品とは必ずしも一致しておりません
イメージ 3
ミシンノコにて切り出す
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
アームチェアシート、サイドチェアシート裏
イメージ 11
アームチェアシート、サイドチェアシート表
イメージ 7
ホイールバックスプラット
イメージ 9
背ボウの曲げ型
イメージ 10
曲木の準備
第2回目 曲げ
イメージ 12
帯鉄(ベンディングストラップ)
イメージ 15

イメージ 13
スティームボックス
イメージ 14
お湯が沸騰後湯気が湯滴となってしたたり落ちるようになって
10分後取り出す
イメージ 16
背ボウと下はクリノリンストレッチャー曲げ型
イメージ 20
まずセンターを固定してベンディング開始する
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 34
曲げバックボウとクリノリンストレッチャー
第3回目 シートへのホゾ穴あけとサクリ 
イメージ 21
ボール盤によるホゾ穴あけ
イメージ 22
裏面より脚の5ミリホゾ穴
イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26
表麺スティック3ミリの穴あけ
イメージ 27
シートの堀り
イメージ 29

イメージ 28

イメージ 30

イメージ 31
シート下側面の面落とし
イメージ 32

イメージ 33
シート裏面
第4回目  スプラットの加工
イメージ 35
ミシンノコ刃の通し穴
イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39
仕上がり
Sorry, now work is delay.
第5回目 脚、貫の旋盤加工
イメージ 40

イメージ 41
材の中心にあらかじめキリ穴を付けておく
イメージ 43
旋盤にセットする
イメージ 42

イメージ 44
ゴージであらかじめ必要な径に削る
イメージ 45
必要な個所に鉛筆で線を付ける
イメージ 46
ターニングチズル一本で削れる
イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50
部品すべてが揃う
第6回目  スティックの削りとバックボウへの取り付け穴あけ
イメージ 51
スティックは豆鉋にて3ミリ角棒より削り出す
イメージ 52

イメージ 53
削りくず
イメージ 54
あらかじめガイドホールを開けておく
イメージ 55

第7回目  組み立て準備
イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 66

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 68

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 67

イメージ 64
H型ストレッチャー
イメージ 65
クリノリンまたはカウホーンストレッチャー
イメージ 69

イメージ 72

第8回目  組み立て
イメージ 70

イメージ 71

イメージ 73

イメージ 74
完成

ウィンザーチェアという椅子は世界中にあまたと存在していますが実はウィンザーチェアが誕生したと言われるイギリスの18世紀当時のウインザーチェアにはゴールドスミスチェアとかコムバック、ボウバック、ラスバックなどの名前で呼ばれるためにウィンザーチェアという名前の椅子は存在しないのです。18世紀当時、イギリスで作られていたウィンザーチェアの中でも代表格でもあり、最もポピュラーになったと言われるのがホイールバック・ウィンザーチェアです。しかし実際の名はホイールバック・サイドチェアであり、ホイールバック・アームチェアなのです。
※以上の理由でネット上でウィンザーチェアと検索してもイギリス本場のウィンザーチェアを見ることはできないのです。

参照:FDY研究所ホームページ ウィンザーチェアとはのページ

使用した工具並びに電道具
イメージ 75

イメージ 76
卓上ボール盤
イメージ 77
卓上ミシンノコ
イメージ 78
卓上旋盤




この記事へのコメント