大川家具職人塾 17回、18回

大川家具職人塾17回目
9月26日(土)
今日のひとこと
 FDY代表奥津光広氏紹介
 FDY工房のことから工房運営に至るまでのこと、FDY工房で私のもと
 でウィンザーチェアやその他の製作技術の経験を積んで今年で6年目だ
 が、工房で本格的に飯が食えるまでにはまだあと4、5年はかかるだろう
 。昔一時期工ブームがあったが、本等に食えるようになれる工房はわず
 かであったという、昔は徒弟制度のもとで親方とか兄弟子を出し抜いて、    
 独立するのは大変であった。戦後それから解き放たれ、学卒の若者がわず
 か数年で独立して工房を立ち上げることができるようになった。それは悪
 いことではなかったが、評論家やマスメディに後押された一種のブームで
 のこと、独自の力で飯が食えるようになるにはそれ相当の努力が必要で
 る。じっくりと技術を深め、時を待つのが大いうことをその時代が教
 えてくれていると思えば時間は宝と言えるのではないだろうか?

イメージ 1
A班b
イメージ 2
A班a
イメージ 3
B班塗装に入る
イメージ 4
B班コツコツ丁寧な仕事
イメージ 5
A班a引き出しかき板(側板)削り
イメージ 6
A班b
イメージ 7
A班b引き出しかき板(側板)合わせ
イメージ 8
A班b引き出し前板とかき板アリ接
大川家具職人塾18回目
9月27日(日)

この記事へのコメント