大川家具職人塾 15回、16回

9月12日(土)
今日のひとこと:
 鉋やノミを毎日でも研ぐ意味について
  道具と人間の関わり、つまり木と道具と人がなじむ、これは研いで削る経験の中
  でしか味わえない。それは他の道具すべてに通じるものである。
9月13日(日)
今日のひとこと:
 真似ることの意味について
  真似ることは罪悪という考えが主流になったが、日本には昔から守破離
  とう考え方があった。伝統を忠実に真似ることで、確かな技術を会得
  することができた。しかし戦後そういった日本の思想が封建思想として
  否定され、創造とか新奇なものを良しとする考えに置き換えられていっ
  た結果、現在のような良く言えばインターナショナル、悪く言えば無国
  籍と言われてしかたがないような家具デザインが主流となった。現在の
  若者の未来は再度伝統を考え、伝承する。つまり、しっかりと伝統を真
  似することが重要になっているのではないか?この大川家具職人塾はそ
  のためにあるのではないかと私は思っている。
A班b:
イメージ 1
台輪の組立
イメージ 2
台輪の取り付け
イメージ 3

イメージ 4
台輪取り付け前の仕上げ鉋がけ
イメージ 5

イメージ 6
引き出し前板の合わせ
A班a
イメージ 7
台輪の組み立て
イメージ 8
台輪の鉋がけ
イメージ 9
台輪の出来上がり
イメージ 10

イメージ 11
台輪取り付け前の仕上げ鉋がけ
イメージ 12
引き出し側板
イメージ 13
引き出し側板合わせ
イメージ 14
引き出し前板の合わせ
B班:
イメージ 15
新入組ホゾ穴あけ
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20
ひとこと感想:
組み立て時にハタガネ(シメハタ)を使用するのは悪くはないが、接着剤が固まるまで使用するのはいかがなものか?事実、隙間をコクソでカバーしなければならなかったものは落第です。ほんとうの組み立てはハタガネなしで隙間なしに圧着して組み立てるのがベスト。そういう意味では今回完璧なものはありませんでしたのでできれば再度挑戦するのが良いが、同じものを又かと思われるようでしたら、少し形を変えて挑戦することをお勧めします。次回は製品として完璧なものを目指しましょう!



この記事へのコメント