ウィンザーチェア物語  ファンバック・サイドチェア(スプラット付き)

イメージ 1
 
ファンバック ・サイドチェア
(スプラット付き)
 
イメージ 2イメージ 3
 
 
イメージ 4
制作年:2010年
イメージ 8
 
ファンバック ・サイドチェア(スプラット付き)について 
 
イメージ 5
  コムバックのタイプである。最初の頃のものはセンターにスプラット(中飾り板)のないスティックだけのゴールドスミスタイプのアームチェアであった。シングルタイプはある程度普及してからである。コムバックのスプラット(中飾り板)付きのものはもっと遅れて18世紀後半に登場する。ジョン・ピットのアームチェアに見られる花瓶型の装飾から来ていると思われる。両端にリボンと呼ばれる薄板がスティックと共に笠木に向けて扇状に広がっていたことから名付けられた。
イメージ 10 
木材:
シート、  ニレ
笠木、  タモ
リボン、スティック、  タモ
脚、   タモ
 
イメージ 6イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9 
上記写真は2007年、ウィンザーチェアに興味を持つ2人組学生にファンバック・サイドチェアを制作指導した時のもの。
 
FDY家具デザイン研究所ホームページ
FDY工房ホームページ

この記事へのコメント