英国ウィンザーチェアの鉛筆画資料による解説 10. ウィンザー・セティーとゴシック・ウィンザー

私が大学の国外研修の機会を得てイギリスを訪問したのは1991年のことでした。歴史ある英国家具史に足を踏み入れることへの不安と緊張感をいだいて訪れたヴィクトリア&アルバート・ミュージャム(V&A)で手にしたクリストファ・ギルバートの「イングリッシュ・バナキュラー・ファニチャー」はウィンザーチェアのような大衆の家具に焦点をあてた初めての出版…

続きを読むread more